2017/08/01   

【開催報告】効果的に自社の魅力をアピールする 採用ツールの使い方

「東京しごとセンター」のヤングコーナーでは、採用・育成ご担当者、経営者向けの採用・育成ノウハウを学ぶセミナーや、若手社員向けに職場定着につなげるための講座等を随時開催しています。

今回は、過去に開催されたセミナー講座の中から2017年7月5日に開催された第4回企業向けセミナー「効果的に自社の魅力をアピールする 採用ツールの使い方」の開催概要についてご紹介します。

東京しごとセンターのヤングコーナーでは、企業と求職者との交流の場を設け、直接アピールできる機会として「合同企業説明会」、企業理解を一層深めるイベントとして「企業見学会(JOBトラベル)」、採用・育成のご担当者を対象とした「企業向けセミナー」、育成のご担当者、経営者、管理職を対象とした「早期離職防止セミナー」、若手社員の職場定着を目的とした「ビジネス力UP講座」等、多岐に渡るセミナーやイベントを随時開催しておりますので、貴社におかれましても、採用課題の解決や人材育成・職場定着にお役立てください。

開催報告(当日の様子)

今回の講座では、採用ツールの作成が焦点になりました。

本講座では、自社の強みや採用ターゲットを理解した上で、実際の採用課題を解決するための採用ツールの作成事例を踏まえて解説し、考えて頂きました。
また、採用戦略全体の中で、採用ターゲットに対し、どこの接触ポイントで何をどう伝え、どう思ってもらうのかを設計する採用コミュニケーションの全体も重要です。
セミナーの後半ではよくある採用課題などを取り上げ、実際にどのようなツールを作りその課題を解決したかなどをケーススタディを交えて紹介していきました。

講師から採用ご担当者へのアドバイス

採用ツールをつくることを目的にするのではなく、採用課題を解決するためのツールづくりを考えていきましょう。知名度がなくても、自社のらしさや強みを明確にし、独自のストーリーを作り出すことができれば、必ず他社には真似できない独自の採用活動ができるはずです。

編集部から一言

採用WEBサイト、採用パンフレット、会社案内等、採用に使用するツールは様々ありますが、他社と差別化したものでなければ求職者の目にとまりません。
自社の採用の課題や強みを棚卸し、その課題を解決したり強みを活かすツールを作成していきましょう。