実際に訪問をして「取材した企業」だけをご紹介

実際に取材をした企業の情報をご紹介します

東京しごとセンターの職員が、実際に訪問をして取材をした企業情報だけをご紹介しております。
一般的な民間の求人紹介サービスにも色々なタイプのものが存在しますが、このサービスにおいては実際に訪問をしているので安心です。生の声を聞くことが可能で、応募書類や面接に必要な自己PRや志望動機のヒントになる情報がたくさんあります。

企業情報の専門家「情報提供アドバイザー」に相談ができる

求人票を見て、入社後の自分の姿を想像できますか?
志望動機が思い浮かびますか?

求人票にはその企業の特徴や、事業内容、募集職種について書いてあります。ホームページを見れば更に詳しい情報が得られる場合もありますが、会社や事業の戦略、将来性、文化などはわかりません。また、経営層や人事担当者が、どのような理由でどのような人材の採用を考えているか、面接や採用活動全体でどのようなことを見ているのか、求人票を見てもわからないことがたくさんあります。

訪問取材で得た情報を基に、プロのアドバイザーに解説をしてもらえる

アドバイザーはアドバイスのプロであり、なおかつ訪問取材した内容を詳しく把握しているので、採用を考えている企業の微妙なニュアンスについてもよく理解しています。各企業の強みや将来性、同じ職種名でも企業によってどう仕事内容が変わるのか等、生の声を知っているからこそ丁寧に説明することができます。皆様の知りたいことに答えるだけでなく、志向や適性も踏まえて、情報提供いたしますので、ご自身がまだ出会えていない隠れた良い企業を知る機会を提供できます。

企業情報コーナーの職員に聞きました

Q. 企業を取材するときのポリシーは?

point_spi

企業の特徴や職種内容を詳細に取材してくることはもちろん、それ以外にも、東京しごとセンターのヤングコーナーでしか知りえることの出来ない情報を集めてくるというのも強く心がけています。例えば、一緒に働く先輩はどんな人?会社の立地条件は?営業職には新規開拓はある?社員交流イベントは?等々。そのような取材を続けることで、皆様が業界・企業への理解を深め、職種研究も出来、その上で企業理解を深めてもらうことが、みなさんの早期就業につながる最善の方法だと強く信じているからです。みなさんも、ぜひもっとこんな情報を聞いてきて欲しいとお伝えください。私達は、すぐにでも企業へ訪問する準備はできています。

Q. ご利用者と接する時には、どのようなことを心がけていますか?

point_spi

出来る限り一人一人のニーズに応えられるよう、「対話」を大切にしています。
働く環境が気になる、仕事内容が気になる、企業分析がうまくいかない等、企業研究をしている中でわからないこと、気になることは一人ひとり違うもの。その方が気になる部分にフォーカスを当て、本当に必要な情報の提供を行っていくことを心がけています。

企業情報コーナーを有効活用するポイント

企業情報コーナーで扱っていない求人情報も解説します

就職サイトやハローワークで見つけた求人情報等についても、業界の動向や仕事内容について経験豊富な情報提供アドバイザーの視点で解説することができます。遠慮なく求人票をお持ちください。

合同企業説明会や面接会参加前に企業情報コーナーで事前準備をしましょう

合同企業説明会当日、いざ企業のブースを訪問してみても、何をポイントに聞いていいか、どんな質問をしたらよいか迷うことはありませんか。事前に研究しておくことで、自分の知りたいポイントを絞って、当日の企業の説明を聞けたり、疑問に思ったこととその場で解消することができます。情報アドバイザーの視点で企業情報を把握しておくと、合同企業説明会当日も効率よく回ることができます。

おすすめの企業をピックアップして分かりやすくご紹介しています

企業情報コーナーの職員が特におすすめな企業をピックアップして展示ボードに掲載しています。
しかも、情報提供アドバイザーのコメント入りなので、おすすめポイントが一目で分かり、今まで知らなかった、興味がなかった企業の隠れた魅力を発見できるかもしれません。また新着情報も常に更新していますので、定期的に情報を仕入れに来てみてください。

なお、企業情報コーナーのご利用には、以下のご利用登録が必要となっております。