就職活動に不安を抱え、一歩を踏み出せない方を対象としたプログラム

050kisotu-1

「ワークスタート」は、働きたい気持ちはあっても就職活動に踏み出せない34歳以下の方を対象としたプログラムです。
相談に来られる方は、例えば以下のような不安を抱えていらっしゃいます。

  • 今のままではいけないと思うけれど、きっかけが無くて動けないでいる。
  • 働いた経験がなく、入社することができたとしても、やっていけるのか少し不安。
  • 自分の状況について自信が持てず、どのように説明をしたらいいのかわからない。
  • 卒業のタイミングで就職しなかったけれど、逃したタイミングを取り戻す方法がわからない。
  • 就職はしたいけれど、何をすればいいのかわからない。
  • 安心して相談できる人が周囲におらず、孤独を感じながら一人で悩んでいる。

楽しみながら学べる多彩なメニューで、無理なく段階的に「働く」を体験

050kisotu-1

親切丁寧をモットーとするアドバイザリースタッフが常駐し、参加者一人ひとりの相談にものってもらえる環境の中で、週5日、7週間をかけて、無理なく段階的に働くことへの不安や迷いを解消し、就職活動へ一歩踏み出すことを目的としたワークショップ型セミナーです。

働くことが、無理なく段階的に見えてくる

第1週 コミュニケーションの基本 コミュニケーションの基本要素をグループワークを通じて学習します。7週間学んでいく土台を整えます。
第2週 コミュニケーションの実践 自己理解・他者理解を深めるために、実践的なコミュニケーション力を高めるワークを行います。自己PR作成につながります。
第3週 就職活動の基本マナーの学習 就職活動の流れや概要を把握します。また、応募書類の書き方や社会人としての基礎的なビジネスマナーなど、就職活動の基本を学びます。
第4週 社会人との交流
職場見学
働く方からの講話や企業訪問を通じて、「仕事って何だろう?」というイメージを深め、自分なりの職業観を形成していきます。
第5週 職場体験 職場の雰囲気や仕事を体験し、「仕事で大事なことはなにか」の理解を深めます。働くことへの踏み出す勇気につながります。
第6週 就職活動準備 修了後の計画を作り、就職活動の準備をしていきます。応募書類の完成を目指します。
第7週 就職活動を始めよう! 面接や求人選びの実践練習を行い、修了後も就職活動を続けられる力を養います。

通うことが、日頃から応援をしてくれている「保護者」の安心にも

ワークスタートは、週5日、月~金曜日の10時から16時まで、7週間じっくりと時間をかけて取り組むプログラムです。
日頃からあなたを気にかけてくれている保護者の方の安心や喜びにもつながることも多いようです。
あなた自身のために、そしてあなたを応援してくれている周囲の方のために、「何もしてない」から一歩踏み出してみませんか。

アドバイザリースタッフに聞きました

Q. 参加者の方はどのような方が多いですか?

A. 「コミュニケーション能力に自信が無い」。ワークスタートプログラムに申し込む多くの方は、受講前にこんな言葉を口にします。背景には、ひとりひとりが目指すコミュニケーション能力の違いはありますが、日常の中で、継続的にコミュニケーションが求められる場が少ないという共通点があります。ワークスタートプログラムの中には「話の聴き方/伝え方」「相手の価値観や考え方の違い」などを学ぶ時間があり、参加者の皆さんは少しずつ、「日常」や「働く」に必要なコミュニケーションスキルを身に付けていらっしゃいます。

Q. ワークスタートで大切にしてることは何ですか?

A. ワークスタートプログラムでは、ワーク以外の時間でのコミュニケーションも大切にしています。プログラム最終日に「プログラムを一緒に受講した仲間」として終わるのではなく「これからの就活を一緒に支えられる仲間」として繋がっていける関係が生まれることを目標にしているからです。ワークの時間だけではなく、休憩時間や昼食、プログラム開始前と後の時間、日常が仲間との時間に代わります。だからこそワーク以外の時間も大切になります。仲間と時間を共有することで、自信を取り戻すきっかけを見つけることが出来るかもしれません。

詳細・お申込み

「ここへ行けば、何かが変わるかもしれない!」そう思えたあなたへ

ワークスタートのことを、もう少し詳しく知りたい、そう思った方はぜひ「ワークスタート事務局」までお問い合わせください。
ワークスタートは年間4回開催しています。随時、参加者向け・保護者向けプログラムを実施しておりますので、まずはそちらまでお越しください。
もちろん、お電話でのお問い合わせも承ります。