「自己分析」で苦労していない人はいない程、就活生の多くが自己分析で奮闘しています。中には「自分にはこれといった強みがない」と思い落胆している人も多いはずです。でも安心してください。それは強みがないのではなく、強みを見つけられていないだけなのです。

本記事では自己分析の必要性から、「強み」の見つけ方をご紹介します。

そもそも自己分析ってどうして必要なの?

就職活動をはじめると「自己分析は手を抜かないように」「まず自己分析をやろう」という話を、よく耳にすると思います。そもそも自己分析はどうして必要なのでしょうか。就活において自己分析を行う理由は2つあります。

1. やりたい仕事や企業が見えてくる

自己分析を行うことで、やりたい仕事や行きたい企業が見えてきます。
生まれてから今までの人生を振り返り、自分がどんな時に嬉しく感じたか、幼いころから続けている好きな事など、自分自身がイキイキと過ごせる環境を認識することで、やりたい仕事やそれが実現できそうな企業が見えてきます。自己分析の末に行きたい企業が見つかると、説得力のある志望動機も作ることができます。

2.自己PRを作ることができる

自分自身の生い立ちを振り返ることで、自己PRも作ることができます。
就職活動の際、多くの企業はなんらかの形で自己PRを聞いてきます。自己PRを伝える(書く)ことで、企業は今後自分の会社で活躍できる人材かどうかの判断材料にします。
付け焼刃の自己分析では、採用担当者に見抜かれ、この自己PRの壁を突破することができません。逆に、丁寧に自己分析を行い作った自己PR文は、面接時のどんな変化球にも対応することができます。

「弱み」を「強み」として表現する方法

冒頭にもお伝えしましたが、自己分析で多くの人が悩んでいる事が、自己分析を行った結果、自分の「強み」がないと思うことです。しかし視点を変えると、「弱み」と思っていることでも「強み」として表現することができます。

仕事やアルバイトを短い期間で退職している場合

学生であれば、アルバイトで経験したことを自己PRに使う人が多いと思います。
しかし、自分のアルバイト経験を振り返り、短い期間ですぐに辞めてしまいその事を「弱み」と感じている人場合も、視点を変えれば、以下のような「強み」として表現することができます。

  • 沢山の仕事を経験しているので視野が広い
  • チャレンジ精神が旺盛
  • 広範囲な業務知識がある

結果がまだでも、過程(プロセス)の中に「強み」がある

「強み」を表現するには、やはり結果が出ているエピソードが当然伝えやすいものです。
しかし努力したけど結果が出せなかった場合も、過程(プロセス)に着目して強みをみつけることができます。
「何をどのように努力したのか」努力したことを具体的にすることで強みが見つかりやすくなります。
また、結果を出せなかったことを分析して、次に生かす方法を考えるのも良いでしょう。うまく行かなかった経験から振り返り、課題をみつけたということでひとつの前向きなエピソードが完成されます。

心に留めておきたい自己分析の心得

自己分析を進めていくと、自分自身の中で様々な葛藤が生じることでしょう。ここでは心に留めておきたい自己分析の心得をご紹介します。心得を意識しながら自己分析を行うことを、おすすめします。

ありのままの自分を表現しましょう

自分が経験したことを偽ることはやめましょう。自己分析に限らず、就職活動はありのままの自分を見せる場です。仮に背伸びをして企業から採用されても入社後にミスマッチが生まれ苦労するケースがほとんどです。どんな経験でも表現方法次第ではキラリと輝く経験に変身します。

インターネット上にある例文やテンプレはあくまで参考!

インターネットや参考書等にのっている文章はあくまでの参考程度にとどめておきましょう。
完成された文章をみると、その気はなくても気がついたら殆どを引用してしいたというケースはよくあります。また、履歴書や面接の際、他文章の引用や他の人のエピソードを語っても採用担当者は見抜いてしまうことがほとんどです。文章作成はとてもパワーのいることですが、まずは自分の力で文章を書いてみましょう。
自分で考えることによって頭の中が整理され、面接時でも自信をもって伝えることができます。

急がば回れ!自己分析は常に行いましょう

就職活動が本格化すると、説明会や面接でとても忙しくなります。日々、エントリーシートの作成に追われて自己分析は後回しになりがちです。就職活動がうまく行かない時こそ、自己分析を行うことをおすすめします。やみくもにエントリーするよりも、一度、自己分析をやり直すことで、新たな「強み」が発見されたりもします。また、うまく行かない原因を丁寧に分析することで次につながる鍵が見つかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した自身の「強み」の見つけ方は下記の通りです。

  • 「弱み」を「強み」として表現する
  • 結果が出てない経験は過程から「強み」をみつける
  • ありのままの自分を表現
  • インターネット上にある例文やテンプレはあくまで参考まで
  • 自己分析は常に行う

自己分析はとてもパワーのいる作業ですが、人生において自分自身を振り返ることはそうありませんのでとても貴重な経験です。ぜひ自身の「強み」を見つけて自己分析にお役立てください。


おすすめの講座・イベント

  • 01/10
  • 日程詳細
  • 2019年1月17日(木)~ 2019年2月28日(木) 月・木 10:00~13:00 全12回
    ※プログラム中に就職決定した場合、参加できるところまでで可

    閉じる
  • 02/06
  • 日程詳細
  • 2019年2月6日(水)~2月20日(水)
    10:00~16:00 ※一部日程は終了が16:30となります。

     

     

    土・日・祝日を除く10日間のプログラムです。

    閉じる